Bリーグもう一つの戦い
 現在Bリーグのオフシーズンで各チーム選手との再契約、自由契約選手の獲得、外国籍選手との契約など日々来シーズンに向けて動いているが、もう1つ注目したいのが各チーム専属の「チアリーディングチーム」のオーディオが開始されている。

バスケットボール観戦に欠かせないチアリーダーの存在
 バスケットボールは、ピリオド間のブレイク時間、ハーフタイム、両チームで10回使用可能なタイムアウトなど、時間の止まることが多い競技である。その時間帯に観客を華麗なダンスで盛り上げ、試合の雰囲気をさらに盛り上げるのが「チアリーダー」の存在である。

試合中のみだけではなく、開場時の出迎え、選手紹介でのパフォーマンス、試合中の応援、試合終了時の見送り、さらに各地のイベントにも参加する。
選手と同じ気持ちで試合に望み、各試合全力のパフォーマンスでチームの勝利を後押しする。その姿はまさに「勝利の女神」である。

チームのために戦う彼女たちも、Bリーグの選手たちと同じくシーズンごとに、新しいチアガールを加えて来シーズンに向けてパフォーマンスをあげている。今回は彼女たちについて紹介していこうと思う。

【B1 東地区】

レバンガ北海道「パシスタスピリッツ」
https://www.levanga.com/roster/cheers/



秋田ノーザンハピネッツ「ハピネッツチアダンスチーム」
 https://northern-happinets.com/cheer/


リンク栃木ブレックス「BREXY」
https://www.tochigibrex.jp/team/cheers/



千葉ジェッツふなばし「STAR JETS」
https://chibajets.jp/flightcrew/



アルバルク東京「アルバルクチアリーダー」
https://www.alvark-tokyo.jp/team/cheers/



サンロッカーズ渋谷「サンロッカーガールズ」
https://www.hitachi-sunrockers.co.jp/team/cheers/



【B1 中地区】


川崎ブレイブサンダース「IRIS(アイリス)」
https://kawasaki-bravethunders.com/team/performer/#iris



横浜ビー・コルセアーズ「B-ROSE」
https://b-corsairs.com/team/cheerleaders/



新潟アルビレックスBB「アルビレックスチアリーダーズ」
https://www.albirex-cheerleaders.com/topmembers/



富山グラウジーズ「G.O.W」
http://gow.grouses.jp/member/index.html



三遠ネオフェニックス「ファイヤーガールズ」
https://www.neophoenix.jp/team/cheers/



シーホース三河「Super Girls」
https://go-seahorses.jp/team/cheers/




【B1 西地区】


名古屋ダイヤモンドドルフィンズ「ダイヤモンド・ルージュ」
https://nagoya-dolphins.jp/cheers/



滋賀レイクスターズ「レイクスチアリーダーズ」
https://www.lakestars.net/team/cheer/



京都ハンナリーズ「はんなりん」
https://hannaryz.jp/team/cheers/



大阪エヴェッサ「BT」
https://www.evessa.com/team/cheers/



島根スサノオマジック「アクア☆マジック」
https://www.susanoo-m.com/team/cheers/



琉球ゴールデンキングス「キングスダンサーズ」
https://goldenkings.jp/team/dancers/




あなたはどの女神のパフォーマンスが好みでしょうか。
バスケットボール観戦の際は、彼女たちのパフォーマンスにも注目していただきたい。